『ナオキ・ニシガキ 独立の道』

めざすは和歌山きっての『フリーランス』、“働く”を考え、“和歌山” を伝える 優しいテロリストの犯行声明ッ!

【第12話】現代を生きるボク達は『過去』や『慣習』にとらわれてはいけない!

日本全土が、いや世界が……

異常な暑さに悲鳴を上げている……


一体どうなってんだ今年は…

そして早くも気になる来年は……




ニシガキです!


『クーラーをつけない高齢者』

 が問題になっていますな。



理由はいくつかあるらしいですが
ザッとこんな感じだ⬇



───────────────────────


⚫老化により感覚が衰えている

⚫『昔はみんなガマンした』と意固地になる

⚫だって『昔はクーラーなんてなかった』

⚫ガマンできた『昔』の自分と
  ガマンできそうにない『現在』の自分を比べ
 妙な意地を張る( 老化を受け入れていない )

⚫クーラーつけると間接が痛む
 ( 理解したいが 倒れるよりいいでしょ!)


───────────────────────


申し訳ないですが


『昔は~』なんてフレーズは

目まぐるしく変化する現代において
なんの意味もありません。


ボク自身 高齢者と話すとき
1番嫌いなフレーズがそれだ。




目を向けるべきは
目の前にある『現在』であり、

それがすべて。


間違っても
通り過ぎた『過去』ではないんです。



現代を生きるなら

『現代の価値観』に基づいて生きるべきだと思う。



とくに今回みたいな

『夏場にクーラーつけない』ケースなんて

 命がかかってるんですよね!?



───────────────────────


⚫暑い     → クーラーつける

⚫暑いが耐える → ガマンやめてクーラーつける

⚫昔は~①   → 現代にはクーラーあるので
         つける

⚫昔は~②   → 現代は暑すぎるから
         クーラーつける

───────────────────────


シンプルにこれでいいじゃないですか!?



先人達には Respect の念を持ちたいですが


自らの命を危ぶむ状況に
自らが追い込まねばならないほど

『過去』や『慣習』は絶対でしょうか。



『変化』を受け入れられないその姿勢たるや

 まさに『個人レベルのガラパゴス』



ま、それほどまでに

『過去』『慣習』ってやつは

手放すことのできない強烈な麻薬なんでしょうな。



過去にこだわった経験は
ボクにもあるのでわからなくはないです。



ただ、結論として
そんなことに なんの価値もありませんでした。


過去にあるのは
あくまで 『その瞬間の価値』だけです。



向き合うべきは
唯一 変化が可能な『現在』のみ!



変わらない過去を想い、
現在をそこに重ね合わせるのは

ただただナンセンスだと思ってます。





十人十色。

基本的に人の生き方なんて
本来 人がとやかく言うものでないと心得てます。


今回の例は 命がかかってる深刻な状況なので
敢えてブログに書きました。




普段 流し見しているニュースのなかには

こうした滑稽 (こっけい) な事実が
他にもたくさんあるんだと思います。



自分もそうしたニュースの一部にならないよう

時代に合わせて 柔軟にありたいものです ───。





『過去』や『慣習』に縛られて

 いま 動けずにいること、



 アナタはありませんか?